移動要塞 Petit Rabbit 号の冒険

大久野島・・・通称うさぎ島・・・この島のウサたちを攻略する目的で投入される移動要塞プチラビット号の奮戦記です。

大久野島(うさぎ島)のうさぎさんたち、そして我が家のうさぎ

装備

次回の大久野島(うさぎ島)遠征に備える

次回の大久野島(うさぎ島)遠征に備える 今回のミッションでは5袋を投入して4袋を消費しました。 なので予備を含めて5袋を追加発注する事にしました。 まぁ近所のショップで買ったほうが安い日もあるのですが、 アマゾンさんなら家にまで届けてくれるので・・…

プチラビ号出撃!!!

プチラビ号出撃!!! この時期に必須のアイテムがコレ 日焼け止めと虫よけです。 薬局の薬剤師さんに直接使い方を聞きました。 日焼け止めの上から、虫刺されのスプレーを身体中にふりかけるんだそうです。 虫除けスプレーに関しては、 勘違いしているヒトが多…

新装備到着 その2♪

新装備到着 その2♪ プチラビ号に、もう一個、新しい装備が配属されてきました♪ 電動ブラシっ!!!! 今まで使用していたのが過酷な使用に耐えられずに天寿を全うされました。。。 なので、新しいブラシを手配したのでし♪ 結構でかいです。 水容器をブラッシング…

新装備到着♪

新装備到着♪ プチラビ号に新しい装備が到着しました。 うさぎ島に散乱する大量の残飯には 今までの簡易的なほうきとちりとりセットでは 如何ともし難い事を痛感したので、 今回は、ひとまわり大きいセットを手配したのでし♪ ちりとりの容量がかなり大きくな…

移動要塞、足回り強化

2年にわたって大久野島遠征に活躍してきた3代目プチラビット号ですが、足回りにダメージが蓄積し、自由回転キャスターがいよいよヤバくなってきたので、新しいモノと交換する改修工事を実施しました。 プチラビット号の最大ペイロードは、80Kgまでとなってい…

新型機を配備

普段は動いてるのに、大久野島遠征では動かなくなったターボポンプを予備役に格下げし、新しいポンプを導入しました♪ 時々挙動が不安定になる初代ターボポンプ。 今回配備した新型ターボポンプ♪ 新しいやつは、レバーによる水量調節が出来る♪ なになに!? "灯…

緊急事態が発生っ !!

なんと給水活動に大活躍していたターボポンプ(ぶっちゃけ灯油ポンプ)が動かなくなる緊急事態に見舞われました。電池が切れたのか、単に、スクリューに異物がハマって回転できないだけなのか ? いろいろ見てみましたが、ウンともスンとも言わずにお手上げ ヽ(…

うーーん。 そろそろ寿命かなぁ ???

現在のプチラビ号は、3代目。 一番使い勝手が良くて活躍期間が長い要塞ですが、最近、ちょっと後部ギアの調子が芳しくないっす。 先月に補強をしたのですけれど、どうも不十分のようで、搭載ペイロードを支えるのに難儀しており、ギヤにキャンバー角がかかっ…

今年最後のミッション開始

さて、撒き餌で沈黙させたウサたちを横目に、手早くプチラビット号の準備を整えます。 事前にエサが足りないかもって情報から、今月はさらにカリカリと生野菜を増量しました。 エサだけでトータル約30Kg。 給水タンクの容量が60Kgですが、今回はやや減らして…

出撃準備!!!

いよいよ今年最後のミッションとなります。 通常は給水作業に主軸をおいた作戦を立てていますが、観光客が増加したとはいえ、この時期はやはりエサが不足しがちなので、投入する資材も少し変更し、エサを少し増量しました。 ただ、いくら強襲揚陸艦(要するに…

買い出し♪

次のミッションに備えて買い出しをして来ましたぁ♪ 2.5Kgのカリカリで、プチラビット号のエサ容器のコンテナ1個ぶんが、ちょうど入ります♪

大失敗!!!!

しばらく放置されていたっぽい容器をサルベージ。 汚れがこびりついているので、電動ブラシで適度に汚れを落とし、水を補給。 ウサ大喜び♪ しかし、このあと事件発生!!! プチラビット号を急坂でも安定して停車させる車輪止め(画像で車輪にかましている三角ア…

冬はエサが少な気味なので・・・。

今月から、投入する生野菜の量を倍にしました。 カリカリは、いつも通り5Kg まぁ、ざっとこんなカンジ ? でも、最近の観光客はエサ持参した方がいいということが事前にネットで調べて判ってるのでチョビっとだけコンビニ袋に野菜を入れて島に上陸する方が増…

物資補給

今月分のウサ島攻略用物資を補給しました。 基本的に、今頃の季節だと、島を回るのであれば、写真に写っている半分のエサがあればなんとか足ります。 が、休暇村お泊りコースになってくると絶対に足りません。 生物の野菜と違って、カリカリの場合は余れば持…

出来ることにも限度がある

洗面器。 よほど付近に他の容器がない場合をのぞいては、いつも見捨てます。 いくら大容量を誇るプチラビ号のタンクとはいえ、積載量には限界があります。 そう、"大容量" と "無尽蔵" とでは言葉の意味がまるで違うのです。 なので、補給しないで心を鬼にし…

けつまづいた・・・

らくらく越えられるだろうとナメて掛かっていたら、超えられずに前輪が引っかかって、それが原因で、要塞が折りたたまれて収納状態にトランスフォームする緊急事態が発生。 荷物を搭載した状態で折りたたまれると、展開状態に復帰するのに荷物をいったんおろ…

悲報

ずっと活躍していた電動ブラシが任務中にお亡くなりに・・・。 どうやら、交換ブラシのアタッチメントに負荷が溜まって損壊したようです。 でも、シャフトは無事な様子。 使用しているブラシは1種類のみなので、いっその事、ブラシを交換しないのであれば固…

ボランティア泣かせ

給水作業を行うボランティアを泣かせるのが、この洗面器。 ご自身が配置した容器で、ご自身の容器にしか給水しないのなら、ともかくとして 我々のように、不特定多数の容器ににまんべんなく水をお届けする人にとっては、この大きな洗面器の容量を満たすには…

作業開始

給水前は、容器を軽くお掃除します。この例では、葉っぱしか入ってなくて乾燥していたので中の葉っぱとかはポイします。若干水を入れた上でこびりついた土を、電動ブラシでゴシゴシゴシ・・・。 泥水が入ってることもあるので、その場合は、その泥水は捨てず…

坂道での給水はブレーキに注意

給水ターゲットを発見すると、 おもむろに、車輪にお手製のブレーキをかます。じつは、プチラビット号は自分でブレーキは持っていないの。なので、前回のミッションで坂道での運用にえらい苦労したので、今回はゴムですべり止めした三角アングルをブレーキと…

目標発見

こんな感じに枯れ葉や砂に覆われている容器をサルベージして、水を補給するのが我々の任務。

さて、久しぶりにミッションを開始しようか

プチラビット号、最大戦闘質量でスタンバイ中の図・・・。

プチラビット号、作戦準備完了

8月末の某日 このタイプの移動要塞に変更して2度目の出動。 しかし、この日は降ったり晴れたりのあいにくの空模様。

同じ場所でウサたちにエサを与えつづけると無尽蔵の貯蔵を誇るプチラビット号のエサタンクといえどみるみる残量が減っていく。 我々はすこしでも多くのウサたちとモフモフしたいので、一箇所にとどまる訳にはいかない。 しかし我々(エサ)に追いすがってくる…

ウサたちと戯れるのはラクではないのだ。 島内では自動販売機は少ない上、人間の食べ物だって少ない。 なので我々はいつも本郷IC降りたところにあるコンビニにてお弁当と飲料水を購入している。 そこで役に立つのが保冷バッグ。 一休みするのに便利な折りた…

水入れ容器はすべてがきれいな状態ではなく、たいていは汚れている。 最初はゴシゴシと手でたわしで洗っていたが、そのうち面倒になって投入したのが電動ブラシ。 仕上がり具合は手作業には適わないが、人間が使うのではないので、ざっくりと目立つ泥とかを…

そして、これが給水作業を効率よくすばやく行うための秘密兵器、ターボポンプ。 電動灯油ポンプを給水用に流用したものだ。 もちろん中古ではなく新品を使用している。 この人間の科学力投入により給水作業が大幅に楽になった。

ウサたちも喉は渇く。 ネットでは "水は飲まない" と都市伝説が流布されているが、んなことあるワケねーだろ。 ウサギを飼ったことある人ならわかるが、ものすごく水を飲み、ジャージャーと尋常じゃないくらい大量のシッコもする。 まぁカリカリ食ってりゃそ…

エサとなるペレットは、ビニール袋で小分けにしてもいいが、大量のウサたちを相手にするとなると、さばききれなくなってくるので、我々は大型タッパーを用意してその中に収容している。 この写真には写っていないが、プチラビット号の写真には写っている赤い…

まずはエサだ。 島の中の国民休暇村のホテル内や、島の外の本土のコンビニ等で、ビニール袋で100円くらいで通称カリカリとよばれる固形のペレットが売られている。 が、これがまた高いのだ。 量にして紙コップ1杯分くらいなのだが、それっぽっちじゃ、ウサ…

うさぎ島(大久野島)のうさぎさんたち、そして我が家のうさぎ